歯

歯の補綴|部分入れ歯による失った歯の補綴

虫歯にならないために

歯医者

虫歯予防でもっとも重要なのは、歯磨きです。歯ブラシで歯の隅々まで歯垢を落とし、歯間ブラシを使って歯と歯の隙間も綺麗にして口の中を清潔に保つことで虫歯になるリスクは大幅に減ります。しかし、それだけでは虫歯は完全に予防できません。歯磨きというのは真剣に行うと10分以上かかるものですが、多くの人はだんだん磨く作業の時間が少なくなってしまいます。そうなると、ところどころにほんの少しだけ磨き残しが出来てしまい、そこから虫歯や歯周病のリスクは発生してしまいます。
虫歯にならないためには、歯医者に通って歯の健康状態をチェックしてもらうのが重要になります。歯の健康をチェックするのは予防歯科です。予防歯科では、歯の磨き残しや歯周病になっていないかのチェックをしたり、磨き残しの歯垢を除去したり、ブラッシング指導を主に行っています。また、PMTCという徹底した歯の洗浄や、フッ素塗布などの虫歯の予防処置も行います。これにより、歯の衛生状態は最適化され、虫歯を完全に防ぐことが出来ます。
箕面市の予防歯科では「歯医者は虫歯になる前に通うところ」という認識を患者に持ってもらうところから始めています。そのため、箕面市では予防歯科が盛んです。定期的に通うための呼びかけや予防歯科の重要性を説明するためにわかりやすい説明を心がけるなど、箕面市の予防歯科では様々なことに力を入れています。そのため、箕面市の殆どの歯科では予防歯科があるので、気軽に通って予防することが出来ます。