歯

歯の補綴|部分入れ歯による失った歯の補綴

第二の永久歯

歯医者

永久歯が抜けてしまうと、人の歯はもう生え変わりません。そのため、永久歯はできるだけ残しておかなければなりません。しかし、歯周病や虫歯、あるいは事故などで歯が抜けてしまった場合は、入れ歯や差し歯といった補綴物をつけなければなりません。しかし、入れ歯や差し歯は噛む力が伝わりにくいため、前のような機能を再現するのは非常に困難です。
補綴物で一番本物の歯に近い働きをしてくれるのが、インプラントです。インプラントは入れ歯や差し歯と違って、顎の骨に埋め込み使用するため、本物の歯と同じような使い心地を得ることが出来るのです。しかし、インプラント治療は絶対誰にでもできるというわけではありません。まず、歯周病になっていないのが絶対条件です。歯周病になっていた場合、インプラントを生着させるための歯肉がすかすかになってしまっている可能性があるため、取り付けることが難しいのです。そのため、歯周病予防もしくは治療をきちんと行ってから手術を行うことになります。また、顎の骨が薄かった場合も同様に行えません。顎の骨が薄い場合、インプラントを埋め込むことが出来ないからです。
しかし、相模原では薄い顎の骨でも手術は行える病院が多いです。相模原では薄い顎の骨の患者でもインプラント治療が出来るようにと骨移植も同時に行って顎の骨を従来の厚さにするという治療を行っている病院が多いからです。そのため、相模原では多くの人が骨移植によって出来なかった手術を受けれるようになっています。しかし相模原すべての病院が骨移植を行っているわけではないので、まずは骨移植を行っている病院を探しましょう。